雷保護ゾーン LPZ

雷保護ゾーンLPZ(Lightning Protection Zone)とは、建築物内外の領域(ゾーン)を雷電磁インパルス(雷によって発生する電磁界)の厳しさに応じて区分けしたものです。

雷保護ゾーンは、一般的に以下の領域に区分けされます。

右にスクロールしてご覧ください

記号 記号の説明 弊社代表製品
SPD Ⅰ

クラスIの
電源用SPD

・MZS-200AV(単相2線単相3線三相3線三相4線
・MZS-NPE(単相2線単相3線三相3線三相4線

※上記2種類の製品を組み合わせて使用します。

SPD Ⅱ

クラスⅡの
電源用SPD

漏電遮断器の一次側設置用
・SMBP-MZSR「」AR(単相2線単相3線三相3線三相4線
・MZSR「」AR(単相2線単相3線三相3線三相4線

漏電遮断器の二次側設置用
・SMBP-MZSR「」(単相2線単相3線三相3線
・MZSR「」(単相2線単相3線三相3線三相4線

※SMBP-MZSR「」、SMBP-MZSR「」ARは雷サージカウンタ付きです。

SPD D1

カテゴリD対応の
通信用SPD

SMH-CLP シリーズ
接点監視ユニット(SMU-CLP-ALM)
ZP シリーズ
専用テスター(ZPT1)

※SMH-CLPシリーズは雷サージカウンタ付きです。
また、オプション品の接点監視ユニットを併用することでSPDの遠隔監視が可能です。

※ZPシリーズはコンパクトな薄型タイプです。
また、オプション品の専用テスターで故障判定が可能です。

SPD C2

カテゴリC対応の
通信用SPD

F(Ⅰ)

SPD外部分離器
(クラスⅠ用)

JIS クラスI SPD用ヒューズ
F(Ⅱ)

SPD外部分離器
(クラスⅡ用)

BF3-100/200-20kA-B
アースバランサ

接地間用SPD
(アースバランサ)

MZS-EBT
LPZ 0A 避雷針の保護範囲外で、直撃雷を受ける可能性がある領域(ゾーン)です。
LPZ 0B 避雷針の保護範囲内で、直撃雷は受けませんが、雷による電磁界は減衰しない領域です。
LPZ 1

建物の外壁(鉄筋コンクリート等)で雷による電磁界が減衰する領域です。
LPZ 0BとLPZ 1との境界(建物の入り口)には、クラスI試験対応SPD、カテゴリD対応SPDを設置して
ここで大きな雷電流を分流して、以降の領域に大きな電磁界の変化が起きないようにします。

LPZ 2 LPZ 1よりもさらに電磁界が減衰する領域(ゾーン)です。

LPZ 1以降を確実に構築するためには、SPD同士及び被保護機器内部の雷防護部品(チップバリスタ、ダイオード等)との協調動作が必要です。特に電源線路は大きな雷サージが侵入する可能性が大きいため、協調動作が不確実な場合には、LPZ 1とLPZ 2の間に耐雷トランスを設置するなどして、被保護装置の直近に大きな雷サージが流れないようにします。

雷対策WEB相談室