接地の種別 | A種 B種 C種 D種

■接地の種別と接地抵抗値

■接地抵抗低減材(サンアース)
・接地極単体とサンアースを使用した場合の大地電位上昇
・サンアース標準施工による経年変化

接地の種別と接地抵抗値

接地を行う目的はさまざまですが、その目的によって取るべき接地抵抗値が規定されています。接地にはこちらにも記載した通り、保安用接地、機能用接地、雷保護用接地の3種類がありますが、保安用接地はどのような電力線に使用するかによってさらに4つの種別に分けられます。

A種:高圧用の電気機械器具の金属製外箱、避雷器などに施す接地工事。高圧機器による感電等の災害防止用の接地工事。

B種:高圧と低圧を変成する変圧器の低圧側1線に施す接地工事。

C種:300Vを超える低圧電気機械器具の金属製外箱や金属管などに施す接地工事。

D種:300V以下の低圧電気機械器具や金属製外箱および金属管などに施す接地工事。

こうした種別によって、取るべき接地抵抗値の上限も異なります。表に、接地種別と接地抵抗値を示します。

表 接地種別と接地抵抗値

用途 種別 接地抵抗値 法規等
電力 A種 10 [Ω] 以下 電気設備技術基準の解釈
電力 B種 150/I* [Ω] 以下 (注1) 電気設備技術基準の解釈
電力 C種 10 [Ω] 以下(注2) 電気設備技術基準の解釈
電力 D種 100 [Ω] 以下(注2) 電気設備技術基準の解釈

* I は地絡電流

注1:1秒を超え2秒以内に自動的に高圧電路を遮断する装置を設置する場合は300/I[Ω]以下、1秒以内の場合は600/I[Ω]以下
注2:低圧電路において、地絡を生じた場合に0.5秒以内に電路を自動的に遮断する装置を施設するときは500[Ω]以下

なお、機能用接地および雷保護用接地については接地抵抗値の規定はありませんが、接地抵抗値を可能な限り低く抑えることを目的にA種接地(10Ω以下)が採用されることが多いです。

接地抵抗低減材(サンアース ※IEC規格適合品)

接地抵抗は、その土地の大地抵抗率及び季節の影響を受けます。更に、裸電極の場合は年数が経過することにより電極が腐食して接地抵抗が上昇してしまうことがあります。そのため、目標の接地抵抗を維持できないといった問題が発生することがあります。

また、金属棒などを大地に打ち込んだだけの電極では落雷時の雷電流がスムーズには流れず、瞬間的に大地電位が上昇します。大地電位が上昇すると、落雷により電気機器等が故障するリスクが高くなります。

このような問題を解決するためには、接地抵抗低減材を使用することがおすすめです。

接地抵抗低減材とは接地抵抗を低減するために使用される、接地工事の補助材料です。

当社の接地抵抗低減材(サンアース:導電性コンクリート)を用いて施工をすることによって以下の効果が得られます。

・電極の腐食を防止し、長期的に安定した接地抵抗を確保できます。
・電極の表面積がサンアースによって大きくなることで大地との接触面積が増え、接地抵抗の低下及び雷電流をスムーズに大地へ放出することができます。


当社の接地抵抗低減材(サンアースM5C)

接地極単体とサンアースを使用した場合の大地電位上昇
①接地極単体
②サンアース使用
③サンアース使用(帯状施工)
④サンアース使用(環状施工)

サンアースは、帯状施工、環状施工、ボーリング施工等に使用できます。
帯状接地極、環状接地極の場合、更に効果的に大地電位の上昇を抑えることが可能です。

サンアース標準施工による経年変化

下記のグラフは、サンアースについて経年変化による接地抵抗値の変化を表したデータです。
約20年間において接地抵抗値に大きな変動が無く、経年変化の影響をほとんど受けていないことが分かります。
このように、サンアースは長期間にわたって施工時の接地抵抗値を維持することが可能です。

  • 施工場所:神奈川県相模原市中央区宮下1-1-12(サンコーシヤ 相模テクノセンター敷地内グラウンド)
  • 施工形状:帯状施工(下図参照)

※プロット値はその年に測定した接地抵抗の平均値を示しています。
※約20年間において接地抵抗値の最大は34 Ω、最小は12 Ωとなりました。
※このデータは当社敷地における試験結果となります。施工場所によって大地抵抗率が異なるため、同様の抵抗値が得られるとは限りません。

当社の接地抵抗低減材(サンアース)に関する詳細については以下の関連リンクをご参照下さい。また、当社では接地に関わる調査、設計、工事などのご提案も可能です。当社の接地事業や接地製品・サービスについて以下の関連リンクにてご紹介しておりますので、ご興味のある方は以下の関連リンクをご参照ください。

<関連リンク>
» 接地抵抗低減材
» 当社の接地事業
» 当社の接地製品・サービス

雷対策WEB相談室