創立~高度成長

1930年4月
「山光社」東京都芝区に創立し端子函、配線函の生産と販売を開始
1931年4月
テストクランプの生産と販売を開始
1932年4月
事務所を東京都品川区大崎4丁目3番8号(現サンコーシヤ本社所在地)に移転
9月
「光伸社」東京都目黒区に創立
1934年4月
満州各地に山光社製品の販路確立
1939年6月
株式会社に改組し「株式会社山光社」に商号変更
10月
中国大陸奉天に「満州山光社」を設立
1940年5月
「満州山光社」航空機電装部品・架線材料の生産と販売を開始
1943年11月
東京通信局の納入指定製造会社となる
1945年8月

満州山光社を「満州山光電機株式会社」へ改称

終戦後、旭組ビルでカーバイトランプ等の製造販売を行う

1946年11月

ケーブル端子函の生産と販売開始、日本電信電話公社の納入指定メーカーとなる

停電灯サンコーランプの生産と販売を開始

1947年11月
R形保安器の生産と販売を開始、日本国有鉄道の納入指定メーカーとなる山光社製品の販路確立
1948年4月
自復形バイメタル付き避雷管を開発
1950年4月
文部省国家要望課題に通信保安器の改良案が採択され通信保安製造委員に参画
1952年4月

光伸社が株式会社に組織変更

1955年5月
台所革命の源となった電気釜(自動式)の開発に成功、同年10月に東芝電気自動炊飯器として納入
1958年10月
日本電信電話公社資材納入団体「端子函配線函工業協同組合」設立され、初代理事長に選任される
1959年4月
通信機器部を独立分離し、「山光通信機株式会社」を設立