接地の基礎知識

接地に関する情報をお届けしています。それぞれ独立したコンテンツのため、興味のあるページからご覧いただけます。 

目次

接地とは

接地とは、いろいろな設備を導体によって大地と電気的に接続することです。接地が施される代表的な設備は電気設備と避雷設備ですが、誘導障害防止、電気防食設備、静電気除去にも接地が使用されています。

続きを読む >

接地の種別 | A種 B種 C種 D種

接地は、目的によって取るべき接地抵抗値が規定されています。接地工事には、電力用、通信用、雷防護用があり、電力用はさらに4つの種別に分けられます。

続きを読む >

接地抵抗と大地抵抗率

接地工事は目標とする接地抵抗を得るために行います。接地抵抗には大地抵抗率が関係します。とくに、埋設された接地電極周囲の大地抵抗率が、接地工法や工事の規模に影響します。

続きを読む >

大地抵抗率の測定手法

大地抵抗率の測定手法はいくつかあります。このうち代表的な「ウェンナーの四電極法」と「棒電極による簡易測定法」をご紹介します。

続きを読む >

接地の工法

接地工法を「一般的な接地工法」と「接地抵抗低減材を用いた接地工法」に分けて解説します。

続きを読む >

 


» サンコーシヤの接地製品・サービスを見る