雷対策・雷防護・雷情報の御提供、危機管理対策は信頼と実績のサンコーシヤへ

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

技術資料・用語集

HOME > 技術資料・用語集 > 技術資料:雷防護関連 > アレスタの続流について

雷防護関連資料 - アレスタの続流について

 
電源回路にアレスタ単体を使用すると、異常電圧でアレスタが動作した際、異常電圧消滅後も接続された供給電圧によって放電が継続する現象(続流現象)が発生することがありますので、電源回路の異常電圧保護には、アレスタ単体を使用しないでください。
 
アレスタの続流は電圧電流特性により決まります。直流電源の場合は電源電圧がアーク電圧より低いか、電源電圧がグロー電圧以下で、短絡電流が数十mAであれば続流は起こりません。交流電源の場合は電圧電流の0点を経由するので一度放電が停止しますが、次の半サイクルで再点弧する場合もあるので、直流の場合と同様に対策を行う必要があります。(詳細についてはお問い合わせください。)
 
 
 
 
 

雷防護関連

 

避雷針(受雷部)の保護角について

インパルスと直流の放電開始電圧の関係

通信機器の耐電圧

雷対策の基本的な考え方

保安器の設置場所

耐雷トランスと電源用保安器の比較

機器の耐圧破壊について

保安器の配線方法について

電位(電圧)について

 

雷の侵入経路について

雷の影響について

雷防護関連の規格

人体と雷害

●アレスタの続流について

保安装置の動作原理(水に例えると。。。)

通信機器の防護方法

【PDF】耐雷トランス説明資料(2.9MB)

【PDF】中和トランス説明資料(682KB)

 
 

雷被害相談室

雷被害でお困りの方は、
以下よりご相談ください。

お電話でのお問い合わせ 0120-39-3548

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ ボタン

技術資料

Webカタログ

オンラインショップ


ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ