断芯検出装置

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

製品情報

断芯検出装置

 
断芯検出装置  

本装置は、センサー部にフォトトランジスタを使用し、航空障害灯灯器の発光に伴う周波数成分を検出回路にて抽出することで、断芯の有無を判定します。低光度航空障害灯全般で使用可能で、特に静電誘導型航空障害灯の断芯検出に最適です。

ソーラー電源及び接点監視装置と組み合わせることで有線の通信回線がなく、商用電源を確保できない遠隔地からでも容易にシステムの異常を通報する事が可能です。

 
 
 
 
 

接続利用例

 
断芯検出装置 接続例
 
 

本装置の機能

 

周波数検出機能
本装置はセンサ部にフォトトランジスタを使用し、ネオン管発光に伴う周波数成分を検出回路にて抽出することで断心濃霧を判定いたします。周波数成分を検出できない状態が予め設定された時間経過した時点で、断心警報出力を行ないます。

セルフチェック機能
本装置が正常動作中はセルフチェック信号として30分ON⇒5秒OFF・・・・・・を繰り返すパルス信号を出力します。本信号は、停電時による電源断や本機が異常動作するとON/OFFの変化がなくなりますので、この信号を監視することにより本装置の動作状態を把握できます。

省電力機能
消費電力を抑えるためにLEDの点灯/消灯切替スイッチが搭載されています。

断心検出時間設定機能
センサ入力信号未検出時から断心検出とするまでの時間を設定するためのスイッチを搭載しております。

状態表示機能
センサ入力信号及び検出周波数、断心出力状態、セルフチェック信号出力状態をLED表示します。


>航空障害灯 OM-3型 / OM-6型製品へ戻る
 

ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ