絶縁対策

配線分離用 高耐圧シールドチューブ MPTFZ2Gページ印刷

  • シールドチューブの画像
  • RoHS

外部配線より印加される雷サージ等により内部配線へ誘導されるノイズを軽減するためのシールドチューブ
・インパルス電圧 1.2/50μs・30kV に耐えられる高耐電圧設計

用途
・配線分離
・静電誘導対策

この製品についてのお問い合わせはこちら

施工例

シールドチューブの施工図1

内部配線(キレイな線)側の配線ケーブルに、高耐圧シールドチューブを巻き付け固定します。

※配線ケーブルは高耐圧シールドチューブのΦ径に応じて複数本束ねても可能です。

シールドチューブの施工図2

配線に巻き付けたあとは、高耐圧シールドチューブの両端を折り曲げ、最後に絶縁テープにて端面処理を行い、シールド部を接地してください。

注意)本製品を施工後、施工状態が安定しない場合等については、結束バンド(インシュロック)で本製品と内部配線を外側から固定してください。

施工後のイメージ

寸法・質量

サイズ W (mm) L (m) 質量 (kg/m)
Φ30 123±5 25 or 6 約 0.2
Φ50 185±5 25 or 6 約 0.3
Φ100 342±5 25 or 6 約 0.6

注意)L の値は標準の長さで、梱包は紙管リールに巻かれた状態となります。

仕様

項目 性能
絶縁抵抗* 1,000MΩ以上(DC500Vにて)
交流耐電圧* AC10kV(50/60Hz)、1分間 
インパルス耐電圧* 1.2/50μs、30kV、1回
使用場所 屋内および器具箱内
定格使用温度 -20℃ ~ 60℃
定格使用湿度 95%以下(結露のないこと)
保管温度 冷暗所

* 絶縁抵抗 シートAの厚み方向(内側、外側共)

この製品についてのお問い合わせはこちら

雷対策WEB相談室