避雷針・受雷部システム

パラボラアンテナの保護に最適な避雷針(傘形避雷針パラキャッチ)ページ印刷

パラボラアンテナの保護に適した傘形避雷針

・傘の骨のように開いた形状が特徴的
・従来の避雷針に比べて保護範囲の確保が容易
・側撃雷からパラボラアンテナを保護
・回転球体法に適した避雷針

主な用途
・パラボラアンテナの保護
・無線中継所の保護

製品情報 製品名:傘形避雷針パラキャッチ

この製品についてのお問い合わせはこちら

概要

パラキャッチの優れたポイント

  1. 受雷部が傘のように広がっているため、JIS規格による保護範囲選定が、避雷針の高さをほとんど上げずに可能です。
  2. パラボラアンテナは鉄塔側面に設置されるため、側撃雷のリスクが高いが、パラキャッチなら保護範囲確保が十分に可能でありリスクを軽減できます。
  3. パラキャッチは現地調査を実施して、被保護物に合わせた設計を行います。現地状況に合わせた設計が可能です。

避雷突針とパラキャッチの保護範囲比較

保護レベルIVの回転球体法で比較した場合

施行例

施工の様子
パラキャッチの施工風景1
図1:パラキャッチを組み立てています
パラキャッチの施工風景2
図2:組み立てたパラキャッチをクレーンで吊り上げています
パラキャッチの施工風景3
図3:パラキャッチを塔頂に設置しています
パラキャッチの施工風景4
図4:設置完了

 

ご用命について

パラキャッチは取付けに際する事前調査が必要な製品です。調査や施工のご依頼は下記のお問い合わせボタンよりご相談ください。

この製品についてのお問い合わせはこちら

雷対策WEB相談室