地絡保護対策

信号用地絡保護装置(交流電化区間用)ページ印刷

  • 信号用地絡保護装置の設置風景
  • 信号用地絡保護装置の内部写真
  • 信号用地絡保護装置の設置風景
  • 信号用地絡保護装置の内部写真

鉄道信号業界向け地絡保護装置

地絡電流の鉄道信号設備への流入を防止する装置です
交流電化区間用

・地絡事故電流をバイパス回路で抑制します
・直流電化区間用も開発中です

製品情報 製品名:信号用地絡保護装置

この製品についてのお問い合わせはこちら

概要

地絡保護の必要性

地絡事故は、電撃、小動物、避雷物、倒木などで発生します。

地絡事故時には、レールに地絡電流が流れ、レール電位は大きく上昇。信号設備に絶縁的な弱点箇所があると、信号設備に 200A ~ 500A もの地絡電流(電車電流)が流入し、焼損などの甚大な障害が発生します。

本装置は、地絡電流のバイパス回路を構成することで、地絡電流の信号設備への流入を防止し、信号設備を保護します。

地絡保護の原理

信号設備は、レールおよび大地と接続されている機器があるため、地絡電流が流入しやすい傾向があります。

本装置を設置すると、地絡電流はバイパス回路を流れるため、信号機器を防護できます。

地絡保護装置の動作原理

内装図

地絡保護装置の内装図

仕様

電気的特性

主回路電流耐量 700A・10分間、500A・30分
放電管電流耐量 700A地絡故障・40回以上
耐電圧 AC電源端子 - 筐体間:AC3kV 1分間、インパルス(1.2/50μs)30kV
信号出力端子 - 筐体間:AC3kV 1分間
レール側端子およびA種接地端子一括 - 筐体間:AC5kV 1分間
絶縁抵抗 AC電源端子 - 筐体間:DC500Vにて10MΩ以上
信号出力端子 - 筐体間:DC500Vにて5MΩ以上
消費電流 平常時0.8A以下、電磁接触器(MC)動作1.5A以下

この製品についてのお問い合わせはこちら