新幹線信号用ユニット形保安器 UP-41形

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

製品情報

新幹線信号用ユニット形保安器 UP-41形

 

新幹線信号用ユニット形保安器 UP-41形

拡大

 

新幹線の軌道回路に加わる 異常電圧、電流から信号ケーブルおよび信号機器を保護するため使用するユニット形保安器(避雷器)です。

【寸法】 W350×D170×H140

 
 
主な性能
 
項 目 性 能
周波数特性 0.5〜1.5kHz
使用レベル(dBm) 40×4波

インピーダンス比
一次側(T側):二次側(L側)

600Ω:350Ω
インピーダンス偏差 350Ω±7%
動作減衰量 0.8dB以下
混変調積 30dB以上
コイル間静電容量 250pF以下
耐電圧
交流1分間
T1、T2〜L1、L2間 25kV
C1、C2、C3、C'〜L、L'間 -
C1、C'〜L、L'間 -
T1、T2〜(基台取付金属板)間 25kV
L1、L2〜(基台取付金属板)間 5kV以上
各端子〜(基台取付金属板)間 -
絶縁抵抗
DC500V
T1、T2〜L1、L2間 50MΩ以上
C1、C2、C3、C'〜L、L'間 -
C1、C'〜L、L'間 -
各端子〜(基台取付金属板)間 50MΩ以上
線間動作電圧
交流波高値(直流値)
T側:1,000V±150V
L側:1,200V±200V
電流耐量 交流 T側:70A・20s・20回
L側:50A・0.1s・20回
過電流耐量 交流 T側:500A・0.3s・10回
L側:-
試験後の線間動作電圧
交流波高値(直流値)
T側:1,000V±200V
L側:1,200V±250V
耐振性能 JIS E 3014「鉄道信号保安部品-振動試験方法」2種
重量 5.8kg

>鉄道用保安装置(保安器・避雷器)へ戻る
 

展示会情報

雷被害相談室

雷被害でお困りの方は、
以下よりご相談ください。

お電話でのお問い合わせ 0120-39-3548

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ ボタン

技術資料

Webカタログ

オンラインショップ


ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ