ストライクガード

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

製品情報

襲雷警報装置 ストライクガード


落雷による“光と磁界”をキャッチし、警報を出力します。


Strike Guard 190-175.jpg

 

雷が発生すると雷電流が流れ、光(稲光)と磁界(電波)が放射されます。ストライクガード(StrikeGuard)は、その光と磁界を検知し、波形識別機能により雷の接近距離を推定します(頭上:0〜8km、近傍:8〜16km、遠方:16〜32km)。また、光と磁界を同時に検知した時に雷と判断することで、ノイズによる誤動作を防ぎます。

落雷危険時の屋外レジャー施設での避難や工事現場における作業中止の判断、製造工場や通信設備の電源切り替え等の用途に最適です。

 

 

【特 長】

● 容易に設置ができます。

● 雷接近距離を3段階で区別ができます。

● 警報接点は距離や回数の条件選択が可能です。

● センサは、内蔵リチウム電池で駆動するため、外部電源が不要です。

● センサとレシーブ間は、ノイズやサージに強い光ケーブルを用いています。

● センサには自己診断機能があり、故障や通信異常を検出出来ます。

 

システム構成sg-3 656-199.jpg

 

sg 220-115.jpg

            〔レシーバとセンサ〕

          

sg-4 376-165.jpg

 

 

パソコン

 

仕様

 

 
項 目 性 能
雷検知距離 最大32km
雷検知方式 光+磁界

雷接近距離推定機能

3段階(8km以内、8〜16km、16〜32km以上)

リレー接点 2チャンネル(雷警報および装置異常)
電源

センサ:電池(内蔵リチウム電池)

レシーバ:AC100 V(バックアップ用電池も内蔵)

付属品 専用レシーバ(警報LED、警報音、警報接点出力あり)

備     考

塔脚等の構造物の近くにも設置可能
 

 

 


>雷観測製品へ戻る
 

展示会情報

雷被害相談室

雷被害でお困りの方は、
以下よりご相談ください。

お電話でのお問い合わせ 0120-39-3548

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ ボタン

技術資料

Webカタログ

オンラインショップ


ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ