落雷解析データ

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

製品情報

落雷解析データ

 

落雷解析データ

 

当社グループ会社のフランクリン・ジャパンでは、国内唯一となる全国雷観測ネットワーク(JLDN:Japan Lightning Detection Network)を運用しており、過去10年以上にわたる落雷観測データ(落雷時刻、位置、極性、電流値)を蓄積しております。この落雷観測データは時間的・地域的に均一なデータであり、この客観的かつ詳細なデータは、他の機関では得ることの出来ないものです。

フランクリン・ジャパンでは、このデータを証明書や報告書、 統計資料などご要望にあった形に加工し、ご提供しています。

 

株式会社フランクリン・ジャパンfjc_logo.jpg

 

データ内容

 

JLDNでは、下記の要素を観測しております。

 
データ内容
 
 

データ精度

 

JLDNの雷データは、コンバインドシステムの採用やGPSの利用による非常に高精度なもので、
日本はもとより世界的にみても最高水準を誇っています。

 
捕捉率90%以上
実際の落雷のうち、弊社の観測ネットワークが捉えた落雷の割合
 
平均位置誤差500m以内
実際の落雷位置と弊社の観測した位置とのずれの平均
 
時間誤差≒0
実際に落雷した時刻と弊社が観測した時刻とのずれ
 
 

提供可能期間

 
提供が可能な期間は、地域により異なりますので、以下の図でご確認ください。
JLDNは今年度中に沖縄方面に拡大し、全国をカバーするに到りました。
 
提供可能期間
 
※関東甲信越の観測エリア(黄色)の1998年9月以前の観測データは、算出方法の違いから、データ内容が異なっております。
詳しくはお問合せください。

>雷情報製品へ戻る
 

展示会情報

雷被害相談室

雷被害でお困りの方は、
以下よりご相談ください。

お電話でのお問い合わせ 0120-39-3548

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ ボタン

技術資料

Webカタログ

オンラインショップ


ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ