非常用電源

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

製品情報

非常用電源

 
非常用電源  

水素燃料電池ほか、各種非常用電源装置

最新の水素燃料電池システムや、ディーゼル発電機(空冷式、水冷式)など各種取り扱い


 

水素燃料電池システム「altergy systems」

altergy_s.jpg

 

屋外小型キャビネット式 非常用電源装置

低騒音

排気ガスゼロ

省スペース

高エネルギー変換効率

※参考資料

[カタログ]水素燃料電池システム「altergy systems」

 

主な性能
項 目 性 能
方式 固体高分子型燃料電池(PEFC)
燃料 水素99.95% 水素ボンベ(7m³タイプ)
燃料消費量 水素60g/kWh
水素ボンベ1本あたり発電時間 10.5h(出力1kW,7m³ボンベ[14.7Mpa,35℃]において)
変換効率 50%〜60%
出力電圧 DC48V
出力電流 105A
容量 5kW
使用温度 -20℃〜+40℃
始動特性 定格運転まで30秒(内蔵バッテリーにて出力補償)
連続運転時間 10,000h

※その他、燃料供給・設置条件・メンテナンス等、詳細についてはお問い合わせください

設置例

 

燃料電池システム設置例

 

 

空冷式ディーゼル発電機

 

 

 

 

diesel_s.jpg

 

設置場所を選ばない空冷式ディーゼル発電機

■暑さ、寒さに強い空冷エンジン(-30℃〜+60℃)
■故障が少ない空冷エンジン(ラジエター、冷却ポンプ無し)
■サイズがコンパクト(水冷式と比較すると約70%のサイズ)
■低騒音(75〜55dB)
■雷対策装備(JIS規格対応)
■連続定格出力(5〜300kVA)


※参考リンク

三井造船マシナリー・サービスへ

空冷式発電装置の適用箇所

空冷エンジンは高信頼性、高経済性よりあらゆる分野で適用が可能です。
水が不要というメリットを活かした最適用途
・移動体用発電機
・自然環境が悪い場所、交通不便など厳しい地域の常用発電機

 

 

移動体中継基地局の非常用発電機取り付け例

 

移動体中継基地局の非常用発電機取り付け例

 

 

準拠規格

・日本工業規格(JIS)
・日本電気工業会標準規格(JEM)
・電気学会電気規格調査会規格(JEC)
・日本電池工業会規格(SBA)
・日本内燃力発電設備境界認定基準(NEGA)

※本製品は三井造船マシナリー・サービス(株)製です。


>環境対策ソリューション製品へ戻る


ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ