雷対策・雷防護・雷情報の御提供、危機管理対策は信頼と実績のサンコーシヤへ

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

雷を知る基礎知識

HOME > 雷を知る基礎知識 > 8. 雷の規模と被害(送電線)

雷を知る!基礎知識 - 8. 雷の規模と被害(送電線)

 
送電鉄塔に落雷があると、送電鉄塔は雷電流により高電圧となり、送電線のがい子の耐電圧以上となるとがいし部分で放電が生じ、一時的に送電がストップすることがあります。
 
 
グラフ   送電線雷撃事故率はIKL(年間落雷日数)と相関関係にあることが確かめられています。
またその雷撃電流の大きさについては、左図に示すようににいくつかの統計があり、5kAから稀に200kAに達するものが報告されています。
(ポーランドでは515kAの測定例がある)
雷撃電流は大部分が負極性で、波頭長は2〜4μsのものが多く、1〜20μsの範囲にほとんどがはいります。
波尾長は10〜100μsの範囲に入ります。
 
 
グラフ   雷の特に大きな被害を被るものに送電線があります。送電線の全被害の内、雷によるものが、約半数以上を占めます。
電圧階級が高くなるに従い、雷事故の占める割合が高くなり、500KV級の送電線では、 90%以上が雷による被害です。
また、このクラスの送電線の場合、その事故を夏季・冬季で比較すると、 総事故比で冬季は夏季の5.5倍であり2回線多相事故では冬季は夏季の25倍という比率になっていることから、冬季雷の事故率の高さが伺える。
 
 
 
 
 

雷を知る基礎知識

 

1. 雷とは何か?

2. 雷の発生条件

3. 雷の種類

4. 夏季雷と冬季雷

 

5. 雷雲の構造

6. 雷の発生状況

7. 雷から身を守るために

●8. 雷の規模と被害(送電線)

 
 

ページトップ