雷対策でよくある質問

TEL:0120-39-3548

SANKOSHA

雷対策でよくある質問

HOME > 雷対策でよくある質問

雷対策でよくある質問

 
雷対策でよくあるご相談にお答えします。
 

雷対策の基本

製品全般について

電源用SPDについて

LAN用SPDについて

接地について

 

雷対策の基本

 
近所に落雷があった際、雷がコンセントを伝わり侵入し、電化製品を壊すことはあるのでしょうか?
A. 雷がコンセントを伝わって侵入してくることは十分考えられ、それによる電化製品の故障も多く報告されています。また、コンセントだけなく電話線など、屋外と繋がっている所からは雷が侵入して電化製品を壊す事があります。
一般家庭であればコンセント、アンテナ線、電話回線などからの侵入が考えられ、テレビ、レコーダー、パソコン、モデム、電話機など様々な製品に被害が見られます。
 
 

関連商品

オフィス・家庭用SPD

オフィス・家庭用SPD

 
避雷針を付けていれば雷対策として十分ですか?
A. 避雷針は建物や人を雷から守るために設置され、必ずしも機器を保護するものではありません。
特に近年は雷に脆弱な電子機器が普及しており、雷による被害は増加しております。建物内部の機器を保護するためにはSPD等の追加対策が必要です。
 
 

関連ページ

サンコーシャの対策事例

 
ページトップ
 
 
 
 
 
 
 
  
 

製品全般について

 
購入方法を知りたいのですが?
A. お問い合わせフォームか、フリーダイヤルや各地区の拠点にお問い合わせください。
一部商品についてはオンラインショップでも取り扱っております。
 
 

お問い合わせ

オンラインショップ

 
価格を知りたいのですが?
A. 価格についてはオープンプライスとなっております。お求め先の代理店様、商社様などにご確認ください。
不明な場合や参考価格が必要な場合は、お問い合わせフォームか、フリーダイヤルや各地区の拠点にお問い合わせください。
 
 

お問い合わせ

 
製品のCAD図面はありますか?
A. CAD図面(dxf形式)は各種製品ページで順次公開しております。公開されていない製品についてはお手数をお掛けいたしますが、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※目的等を確認させて頂く場合がございます。また、一部製品についてはご用意が無い場合もございますので、ご容赦ください。
 
 

お問い合わせ

 
SPD製品は繰り返し使えますか?
A. 基本的にはスペック内の雷であれば、自動で復帰しそのままお使い頂けます。繰り返すことで徐々に劣化しますが、雷エネルギーの大きさにより、故障するまでに使用できる回数は異なります。
 
 

関連商品

雷防護ソリューション製品

 
SPD製品の点検はどうすれば良いですか?
A. 交換推奨表示機能のある製品は、推奨ランプが点灯しましたらお早めの交換を推奨いたします。また、劣化表示のある製品は劣化が表示されましたら使用できませんので速やかに交換してください。どちらの機能も無い製品では、営業担当までご相談ください。
 
 

関連商品

雷防護ソリューション製品

 
ページトップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

電源用SPDについて

 
電源回路の雷対策を検討しています。アレスタを入れるだけでは駄目ですか?
A. アレスタ素子単体では、放電後も続けて電気が流れてしまう「続流」現象が発生するので、電源回路では危険です。
各種SPDや、素子タイプではAVシリーズなどのご用意がありますのでご検討ください。
 
 

関連商品

AV11、AV13、AV14形

AV11、AV13、AV14形

 

AV3P1形、AV3P-1形、AV3P-2形

AV3P1形、AV3P-1形、AV3P-2形

 
電源用SPDを漏電遮断器の一次側に入れる場合に、N-PE間にギャップ付(ARR、ARI、AR)を選定するのは何故ですか?
A. 系統の漏電遮断器が無い場合、劣化により万一短絡故障を起こした際に、主幹で遮断される場合があります。それを避けるため、N-PEにギャップを挟むことで地絡を防ぎ、バックアップ遮断器を動作させます。
 
 

関連商品

電源用SPD

電源用SPD

 
SmartSPDの交換推奨表示は何回動作すると表示されますか?
A. 雷サージセンサの情報より、動作回数とサージの大きさにより複合的に劣化状態を想定して出力しています。大きい雷と小さい雷で演算結果が変わりますので、詳細は非公開としております。ご了承ください。
 
 

関連商品

電源用SPD

電源用SPD

 
警報接点が付いていますが、どう出力されますか?
A. 劣化識別用端子は無電圧接点になっています。劣化時開放、劣化時短絡が選択できます。(製品により仕様が異なる場合がございますので、詳細は仕様書や取扱説明書等をご確認ください)
 
 

関連商品

電源用SPD

電源用SPD

 
ページトップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LAN用SPDについて

 
LAN用SPDにアースが必要なものと、必要で無いものがあるのは何故ですか?
A. 素子の放電でアースに流す「放流形」はアースが必要、絶縁により遮断する「絶縁形」はアースが不要です。放流形は電圧上昇により放電しますので、放電電圧まで保護対象が耐えられる必要がありますが、電源重畳(PoE等)に対応したものがあります。絶縁形は原理的にPoEへは対応出来ません。
 
 

関連商品

LAN用SPD

LAN用SPD

 
屋外カメラへの接続線に使うつもりですが、両端に必要ですか?
A. 距離が長くなるほど中間での雷サージ侵入が想定されるため、カメラ側、屋内機器側それぞれの直近への取り付けを推奨しています。
 
 

関連商品

LAN用SPD

LAN用SPD

 
放流形の場合、アースは何処に繋ぎますか?
A. 製品裏面にアース端子が用意されています。鉄製DINレールに取り付ける場合には、DINレールをアースに繋ぐことでも接続出来ます。
 
 

関連商品

LAN用SPD

LAN用SPD

 
ページトップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

接地について

 
等電位ボンディングとは何ですか?
A. 複数の接地が取られていると、接地間に電位差が生じることでも雷被害の要因となるため、相互に接続し共通接地とする必要があります。これを等電位ボンディングと言います。
接地を分離する必要がある場合は、接地間用SPDで接続することで、対策が可能です。
 
 

関連商品

接地間用SPD

接地間用SPD

 
サンアースのM1CとM5Cの違いは何ですか?
A. M1Cは水を添加し練りセメント状にして使用します。M5Cは粉の状態で埋設することで、地中の水分により硬化します。使用場所により、使いやすいものを選定頂けます。
 
 

関連商品

接地間用SPD

接地間用SPD

 
 ページトップ
 
 
 

ピックアップ

長年培ってきた技術とノウハウを結集した雷対策に関する資料や、雷について知っておきたい情報など、さまざまなコンテンツをご用意しています。

  • 技術資料・用語集
  • 配線事例
  • FAQ 雷対策でよくある質問
  • 雷を知る基礎知識

ページトップ